« 裏切りのホワイトカード | トップページ | フタツメ【排骨タンメン】 »

2019年10月14日 (月)

蜜蜂と遠雷

367201_01_01_02

 

おすぎ的シネマレビュー

 

No.19039

 「蜜蜂と遠雷」

★★★★★★☆☆☆☆
(10点満点中6点)

 

原作は未読ですけど、直木賞と本屋大賞をW受賞した作品。

ちょっと期待値高過ぎたか、思ってた程の満足感は得られなかった(´・_・`)

 

ピアノコンクールに賭ける4人のお話。

 

小説(文章)だと音までは伝わらないけど、そこは映像d(^_^o)

演奏場面は上手く描かれてましたが、逆に心情表現がイマイチ伝わり難いかなぁ(´∀`; )

一次審査・二次審査・最終審査とピアノ演奏シーンは多く見所ですけど、ちょっと駆け足な感じで、繋ぎのシーンが雑。

ピアノに詳しくないと判らない事も多くて、ちょい飽きてしまう感じかなぁ。

 

松岡茉優好きとしては、最後の演奏とか迫力満点で大いに満足ではあるんだけど、それだけなんだよなぁ(⌒-⌒; )

トラウマに打ち勝つ心情とか、もっとちゃんと描写してほしかったね。

 

あと、最終的なコンクールの順位が個人的には納得いってませんけども・・。

 

 

« 裏切りのホワイトカード | トップページ | フタツメ【排骨タンメン】 »

映画研究部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 裏切りのホワイトカード | トップページ | フタツメ【排骨タンメン】 »

無料ブログはココログ