« 出場申込完了 | トップページ | 金曜定例会 »

2018年10月26日 (金)

ここは退屈迎えに来て

364842_01_01_02


おすぎ的シネマレビュー

No.18026

 「ここは退屈迎えに来て」

★★★★★★★★☆☆
(10点満点中8点)


キャッチコピーに「圧倒的共感を呼んだ傑作小説」とかあると絶対に駄作と勘ぐってしまうが、意外と面白かった

とは言っても、一般ウケしない内容ですかねー

お盆やお正月の真夜中に放送される様なマイナー映画(爆)


東京への憧れを持って過ごした高校時代を懐かしむ若者の物語。

主人公を中心に話が進む物語かと思ってたら、案外とバラバラなサブストーリーの挿入多くて「何?」って思いながらの鑑賞でしたが、最後にひとつに繋がる作りは良かったね

ってか、これは群像劇なのか?


キャスト的にも若者向けな感じではあるが、青春時代がひと昔前って思えるアラフォー以上の世代の方が共感出来る内容じゃないかな


主演は橋本愛と門脇麦だけど、新人らしい「片山友希」が強烈なインパクト残してますね

ちょっと注目したい女優です

ってか、橋本愛って、どの映画見ても同じ様な役しか出来ないね

橋本愛が主演ってだけで、B級感がスゴイ(爆)


« 出場申込完了 | トップページ | 金曜定例会 »

映画研究部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 出場申込完了 | トップページ | 金曜定例会 »

無料ブログはココログ