« アルビ観戦記 vsマリノス | トップページ | 金曜定例会 »

2018年4月 6日 (金)

ペンタゴン・ペーパーズ

362501_01_01_02


おすぎ的シネマレビュー

No.18009

 「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」

★★★★★★★☆☆☆
(10点満点中7点)


スティーヴン・スピルバーグ監督
メリル・ストリープ&トム・ハンクス主演


ベトナム戦争下での、史実に基づく硬派な社会派映画。

そんな訳で、興味ないと全然面白み感じない内容ですね。


個人的には、こーゆー映画も好きなんで興味深く鑑賞出来ましたが、サスペンス要素も大いに盛り上がる要素もないんで、そんなに面白いとは言えない内容

日本では有名な事件でもないし、見てからも興味は湧かないと思いますけど

例えるなら、森友学園の文書改ざん問題的な?
(いや、違うな・・)


最大の見所は、社主であるメリル・ストリープが新聞掲載の判断を下すとこかねぇ。

役者がいいんで最後まで観れたけど、日本人には関心薄い映画なのかなぁ。

ファーストデーに鑑賞したけど、空いてたしねぇ


« アルビ観戦記 vsマリノス | トップページ | 金曜定例会 »

映画研究部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アルビ観戦記 vsマリノス | トップページ | 金曜定例会 »

無料ブログはココログ