« アルビ観戦記 vs甲府 | トップページ | しゃぎり慰労会 »

2017年11月19日 (日)

マイルCS

8週連続GⅠの2週目


今週は、秋のマイル王決定戦

 【第34回 マイルチャンピオンシップ】


以前の様なエース級不在で混戦ですかねー?

まぁ、GⅠは大体が混戦なんだけども


 01 ブラックムーン   牡5 A.アッゼニ
 02 アメリカズカップ  牡3 松山弘平
 03 ヤングマンパワー  牡5 石橋脩
 04 サングレーザー   牡3 福永祐一
 05 サトノアラジン   牡6 川田将雅
 06 ダノンメジャー   牡5 北村友一
 07 レッドファルクス  牡6 C.デムーロ
 08 マルターズアポジー 牡5 武士沢友治
 09 レーヌミノル    牝3 和田竜二
 10 クルーガー     牡5 A.シュタルケ
 11 エアスピネル    牡4 R.ムーア
 12 イスラボニータ   牡6 C.ルメール
 13 グランシルク    牡5 田辺裕信
 14 ガリバルディ    牡6 岩田康誠
 15 ムーンクレスト   牡5 藤岡佑介
 16 ウインガニオン   牡5 津村明秀
 17 ジョーストリクトリ 牡3 武豊
 18 ペルシアンナイト  牡3 M.デムーロ


【前日最終オッズ】
 12 イスラボニータ   4.8
 07 レッドファルクス  4.9
 11 エアスピネル    4.9
 18 ペルシアンナイト  8.7
 04 サングレーザー   10.2
 05 サトノアラジン   10.9
 08 マルターズアポジー 12.3
 10 クルーガー     13.4
 13 グランシルク    27.2
 02 アメリカズカップ  30.9
 09 レーヌミノル    35.6
 16 ウインガニオン   37.0
 03 ヤングマンパワー  52.1
 17 ジョーストリクトリ 82.5
 14 ガリバルディ    115.4
 06 ダノンメジャー   119.0
 01 ブラックムーン   140.2
 15 ムーンクレスト   237.9


【傾向と対策】
 ・過去10年、1番人気[2.3.2.3]
 ・SS系種牡馬産駒[6.5.8.79]
 ・母父ノーザンダンサー系種牡馬[8.3.6.51]
 ・3歳馬[0.0.1.30]
 ・前走1800m以上[5.1.4.51]


2階級制覇を狙うレッドファルクスや、春秋連覇を狙うサトノアラジンと、見所多数

いいレースに期待ですけど、天気はどーなんだろーね?

馬場が気になるとこではありますが、こっちと違って影響ないかな


 あなたの予想お待ちしてまーす

« アルビ観戦記 vs甲府 | トップページ | しゃぎり慰労会 »

競馬予想部」カテゴリの記事

コメント

普通に考えれば前走で重馬場でも好走したエアスピネルやイスラボニータを買うのがベター。
あるいは三歳の新生ペルシアンナイト、サングレーザーでも十分主役を張れる。

だからこそ、騎手買いをする!
外人騎手?武豊?答えはNO

◎ マルターズアポジー 武士沢友治の渾身の騎乗を期待する。
たかだかG3程度の馬で騎手も二流。イマイチ買い辛いのは承知の上。
混戦だからこそ逃げ馬の逃げ切りに一票。武士沢だって最大のチャンスだってわかっているはず。

年に一回、夢やロマンで買ってもいいんじゃない?

秋のG1一番の勝負レースです!!!

◎マルターズアポジー

Rockさんと同じですね!!
私もマルターズアポジーから勝負を賭けます!!!!
単勝でかなりの金額、馬連でマルターズアポジー軸の12点流しです。

前走の京成杯AHは坂で止まっただけ。坂のない京都なら関屋記念のように逃げ切りも可能と見てます。
馬の出来は文句なし!!!
あとは相棒の武士沢がどう乗るかだけ。
頑張れ!!!


タイヤ交換からの馬券購入

◎サトノアラジン
○イスラボニータ
▲ウインガニオン
△サングレーザー

さてと、小千谷はガシガシと雪降ってるけど長岡以北は降ってないみたいなんで新潟まで行ってきます( ̄^ ̄)ゞ
(競馬場じゃないよ)

いつもは、冷静な予想のお二人が
揃ってマルターズ、しかも熱入り気味。
意外です。
マルターズのどこに、熱くさせる要素をこのレースで
持ち得ているのか。

さて、いつもは自分もロマンに偏りがちな
予想も多いのですが、どうやっても、
エアスピが残ります。
ただ、よし、思い入れある、この世代だし
単勝を!って気分になりません。
なぜか?
ちょっと自分の中でこれは強い馬だよって
定義してる条件にピタッとハマってる
馬がいました。

その条件とは、3連勝までは普通に
出来る馬は結構いる。
ただ、それ以上になると地力もないと
難しい。
それと内容ですが勝ち進んでいくときに
クラス越えを数戦要さずに、
1戦で勝ち上がってくる馬は強いよ。
というものです。
今回、それにピシっと当てはまる馬に
サングレーザーがいたので、こちらを
本命といたします。
このレース、基本3歳、全くダメなのが
気にはなりますが、古馬初対戦、
重賞初挑戦も1戦でアッサリ突破してるので
目をつぶりたいと思います。
単勝も考えましたが、さすがにデータで
完全に残るエアスピには負けるかも
しれないので、馬連1点。
これを厚めに、あとは人気どころに
押さえの馬連流し、
穴にグランシルクから、こちらは別途
人気どころに3連複流し。
あと、お二人が熱く語るマルターズからの
上記2頭へのワイド流しも加えました。

ラブラ2脱出

まだレースは見てない

もうミルコだけ買ってればいいんじゃね?

元段様>

マルターズアポジー◎に行きつくまでの考察

・ハナ主張が案外いない(唯一の同型?ウインガニオンは外枠&夏馬)
・重馬場で差し、追い込み馬の不発の可能性
・エア・イスラの同枠で牽制しあう展開→差し損ね

また、マルターズの前走が58㎏、マイネル2頭(ウインもマイネル系)に絡まれて4着なら
上出来!これなら大逃げさえできれば、関屋記念の再現がイケル!」
というのがあった訳です。

誤算だったのは
・馬場がやや重まで回復していた事
・逃げ先行馬が多くて、絡まれてしまった事
・デムーロが鬼だった事

まぁ、記載した馬で三連複押さえていたんで、リスクヘッジはできてました
要は当てればオッケーです


・・・てか、これは夢とかロマンとかいう前にスケベ心というカテゴリー?


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アルビ観戦記 vs甲府 | トップページ | しゃぎり慰労会 »

無料ブログはココログ