« アルビ観戦記 vsマリノス | トップページ | 潤蔵王【冷し中華】 »

2016年5月26日 (木)

増山超能力師事務所

P5241078

 「増山超能力師事務所」
 誉田哲也


超能力の存在が認められて、事業として成り立ってるという仮定での物語。

超能力者は国家的に認められた「探偵」で、とある探偵事務所で働く人たち一人一人にスポットライトを当てた1話完結の7つのお話。


超能力を扱ってはいるが、SFチックではなく、至ってノーマルな探偵の物語です。

コメディーにもならず、かなりマジメな展開なのは誉田哲也だからですかねー

 面白かったです

実際に超能力が存在して、リアルに認められたとすると、こんな世界なんだろーねって感じ。

これは短編だけど、それぞれ伏線たっぷりバラ撒いてあるんで、長編での続編もありですな


重からず軽からず・・相変わらず誉田哲也の書くお話は面白いです

« アルビ観戦記 vsマリノス | トップページ | 潤蔵王【冷し中華】 »

図書館」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

無料ブログはココログ