« 6月走行距離 | トップページ | 後半戦のポチっ »

2015年7月 2日 (木)

海街diary

349516_01_01_02


おすぎ的シネマレビュー

No.15026

 「海街diary」

★★★★★★★☆☆☆
(10点満点中7点)


 良かったです

ただ、こーゆーオチのない映画って評価が難しい


綾瀬はるか・長澤まさみ・夏帆・広瀬すずと、主役張れる女優が4人ってだけで豪華なんだが、脇役陣も一流でどこを切っても駄作感はない。

その中でも、広瀬すずは旬なだけあって、やっぱ輝いてますなぁ


事件が起きる訳でもなく、ただただ日常の風景で、変わっていくのは心情くらい。
そこら辺の描写は巧いなぁとは思うが、感動とか面白さとは別モノって感じ。

満足感で言ったらお腹いっぱいにはならないけど、美味しいもの食べたなぁ〜的な感じかね?

カンヌに出品するくらいだから批評家ウケする作品だと思うが、一般ピーポーもわりと素直に観れる作品です


アクション映画とかって何も考えず楽しめばいいけど、これも空っぽの気持ちで気楽に観るとスッと心に沁みるかも

« 6月走行距離 | トップページ | 後半戦のポチっ »

映画研究部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 6月走行距離 | トップページ | 後半戦のポチっ »

無料ブログはココログ