« 北斗【限定麺】 | トップページ | 黒い羽 »

2014年9月26日 (金)

猿の惑星:新世紀

348154_01_01_02


おすぎ的シネマレビュー

No.14043

 「猿の惑星:新世紀(ライジング)」

★★★★★★☆☆☆☆
(10点満点中6点)


前作「創世記(ジェネシス)」から10年後のお話


猿と人間の対立のお話だが、猿を人間にして違う部族同士の対立にしても成り立つ物語。

それだけありふれた内容で、相手が猿ってだけ

まぁ、そー言っちゃうと元も子もないんだが


猿が進化し過ぎて「エテ公」ではなくなってるんで(笑)、見れば見る程ヒトにしか思えん。

が、猿が思い悩み葛藤してる姿ってのは、ヒトと違って感情移入出来ませんな


前作の「創世記」含め、この2作は最終的に1作目の「猿の惑星」に繋がる訳で、どんな展開になっても最後は猿が勝つって判ってるのが切ないね

この後の続編ってあるのかしら?

« 北斗【限定麺】 | トップページ | 黒い羽 »

映画研究部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 北斗【限定麺】 | トップページ | 黒い羽 »

無料ブログはココログ