« DOCUMENTARY of AKB48 | トップページ | 連邦の白いヤツ »

2013年2月 3日 (日)

アウトロー

343259_01_01_02


おすぎ的シネマレビュー

No.13006

 「アウトロー」

★★★★★★★★☆☆
(10点満点中8点)


面白かった

けど、なんか物足りなさがあるかなぁ〜
内容は悪くないんだけど、見終わった後の満足感とか爽快感みたいなのが薄い感じ。

トム・クルーズの新シリーズだけど、期待値通りには面白いと思うんだよね。
このくらいはやるだろ?って内容で、やはりどーしてもハードルが高くなりますな
でもそこは、期待を超えるくらいなのを待ってる訳さ。
しかも、シリーズで続くとなれば尚更ね

邦題で「アウトロー」だけど、原題だと「ジャック・リーチャー」
主人公の名前がタイトルになってますが、見た感想だと原題のままの方がいい気がするねー。
【アウトロー=流れ者】って意味合いだけど、そんな感じではないなぁ。
「過去を捨てた流れ者」って設定だけど、・・・うーん。

話の内容自体はスゴく面白いけど、トム・クルーズだと役柄になりきれないと言うか「トム・クルーズ」にしか見えないんだな
役の幅がないと言うかね。

まっ、いろいろ文句言ってますが、面白い事は面白いです

« DOCUMENTARY of AKB48 | トップページ | 連邦の白いヤツ »

映画研究部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« DOCUMENTARY of AKB48 | トップページ | 連邦の白いヤツ »

無料ブログはココログ